活動報告(2月例会)

日時
平成25年2月17日(日)14時~16時
卓話
「チベットの悲劇」
講師
雪蔵山十善院 住職・チベット問題を考える会 代表
小林秀英 様
日本会議中野支部 2月例会

チベットは現中国の四分の一を占める広大な地域であり、穏健な仏教国であった。

1879年第13世ダライ・ラマ法主が即位した。

1900年代に入り、英国の侵略が始まり、1903年英国のヤングハズバンドがチベットに侵略、その後、法的、経済的に圧迫を続けた。
また、清にも脅かされた時代があったが、1913年、チベットは独立宣言を行った。

1933年、ダライ・ラマ13世死去、1939年、ダライ・ラマ14世即位。

大東亜戦争が始まり、1942年、米英中がチベット経由に援蒋ルートを迫る中、チベットは拒絶。

1949年、中華人民共和国が成立、1950年、チベットに侵略、以降すさまじい弾圧と破壊でチベットの文化、宗教、教育などすべて認められないまま今日にいたっている。

日本も歴史的にはチベットとの関わり合いは古くからあり、河口慧海(1902入蔵)青木文教(1911)多田等観、矢島保次郎(1912)など。

ダライ・ラマ13世はかねてチベットの今日の惨状を予言しており、今まさにその状況に追い詰められている。

現在のチベットの悲劇の要因としては、スターリンの毛沢東への指令、中共の侵略の正当化、日本の敗戦のほか中国のチベット内の地下資源の獲得、戦略上の位置などが考えられる。

(以上要旨)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

カテゴリー: 活動報告 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です