9月例会のご案内

残暑の候、会員各位におかれましては益々ご清栄のことお慶び申し上げます。

この夏、民主党政権の末期的状況の中で、7月には北方領土にメドベージェフロシア大統領が、島根県竹島に李韓国大統領が、そして沖縄県の尖閣諸島には香港(中国)人が不法上陸しました。
更に極めつきは、韓国大統領の天皇陛下への謝罪要求。これらの傍若無人な行為に国民は怒り心頭ですが、一方、政府民主党は無定見、無気力で国家の危機意識が見られません。

このような現況で、日本のあるべき道につき貴重なお話を伺うことにしました。

今月の例会は、外交評論家 澤英武様による、そうした国土に対する日本人の気持ちと民主党政権の無定見ぶりを伺います。

参加無料です。お誘い合わせの上、多数のご参加お待ちしております。

日時
平成24年9月16日(日)14時~16時
場所
中野勤労福祉会館 1階 談話室
住所:中野区中野2-13-14
電話:03-3380-6946
ご講和
澤 英武様
演 題
「侵される国土と及び腰日本外交」
講師プロフィール
昭和3年、静岡県生まれ 旧制第二高校から東京大学工学部卒業後、昭和28年産経新聞社入社、一時、南極観測隊(第三次)の参加も経験し、産経新聞社に複社後、ボン、モスクワ特派員など長く外信畑を経て編集委員となる。昭和63年退社後は外交問題を中心に評論活動を展開。
著書に「アンドロポフ書記長への手紙」(日本工業新聞)「ソ連が消える日」(アイベックスプレス)など

次回の月例会(予告)10月21日(日)14時から16時まで。
会場は上記と同じ、中野区勤労福祉会館 談話室です。


カテゴリー: 月例会のご案内 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です